読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jildin workers

SFA、CRM製品を開発するエンジニアのブログ

「安い≠売れる」。本気で売上を上げたい時に考えるべきこと

こんにちは。Jildinのイルカちゃんです。

f:id:jildin:20170321023024j:plain

 

突然ですが、質問です。

 

「売れる商品」にはどのような特徴があると思いますか?

 

このように聞かれたら、どのように答えるでしょうか。

まずぱっと思いつくのが、「安い商品」ではないしょうか。

 

「安さこそが正義!安ければ安いほどお客さんは商品を買ってくれない!」

 

一度はこのように考えたことはありませんか?

 

確かに「価格」という要素は、商品を買うかどうかを決定する際の重要な要素の一つです。

しかし、価格が安ければ売れるか、というとそんなことはありません。むしろ、価格を下げたことで商品が売れなくなってしまった…なんてこともざらにあります。

一体何故でしょうか。

 

それは、商品自体の価値という視点が欠如しているからです。

 

下図のようなてんびんを思い浮かべてください。

f:id:jildin:20170322201548p:plain

商品の魅力は商品の価格価値によって決定されます。

どちらか片方の要素をないがしろにしてしまっては、結局のところ商品の魅力は持続しないのです。

 

では、それぞれの要素をもう少し深掘りしてみましょう。

すると、下記のように大別できます。

 

・価値…値段が高い、安い

・価値…希少性、独自性、安全・安心性

 

太字にしましたが、我々が最も見落としがちな点は安全性です。

この傾向は特にネットショッピングにおいて顕著に見られます。

 

新商品を発売することになり、商品ページを作り込んだあるECサイト

商品ページがとても綺麗、写真もふんだんに盛り込み、女優も起用した。

それでも売れない。

 

そんなページはざらにあります。

それは、まさに安心性、つまりお客様のレビューが溜まっていないことが原因です。

 

育毛剤を買う際に、

・値段はちょっと高いけど実際の使用者の声が沢山あり、効果がある程度実証されている商品

・値段は安いけど、実際に効果があったのかどうか、使用者の声がない商品

 

あなたならどちらを購入したいですか?

商品を売れるようにしたい。だから価格を下げる。それは間違っていません。しかし、それは最終手段です。

お客様が求めているものはなにか。この視点を常に忘れないように心がけたいものです。

 

 

 

visit our corporation page
http://corp.jildin.com